コンテンツにスキップする

バルニエ氏、英国との通商合意は手の届くところにある-ポンド上昇

  • EU首席交渉官、英国の主権の重要性を欧州議会で強調
  • 発言でポンド上昇、一時0.9%高の1.3065ドル

欧州連合(EU)のバルニエ首席交渉官は21日の欧州議会で、英国の主権の重要性を強調した。英国は通商交渉を再開させる条件としてEUが主権を尊重することを要求しており、要求に応える姿勢を示した。

  正式な通商交渉はジョンソン英首相の意向で先週から停止しているが、バルニエ氏はブリュッセルの欧州議会で、合意は手の届くところにあると発言。さらに、合意には「バランスの取れた妥協」を反映させる必要があると語った。

  この発言を受けてポンドは上昇し、一時0.9%高の1ポンド=1.3065ドルを付けた。

原題:EU’s Barnier Backs U.K. Sovereignty in Bid to Resume Talks (1)、Pound Rises as EU Negotiator Says Deal Within Reach: Inside U.K.(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE