コンテンツにスキップする

EU初のソーシャルボンドに記録的需要-共通債への追い風になるか

  • 何年もかかるEUのミッションの力強い滑り出し-PIMCO
  • QEが延長されると投資家予想-アライアンス・バーンスタイン
EU Parliament As Brexit Talks Seen Dragging Into November
Photographer: Geert Vanden Wijngaert/Bloomberg
EU Parliament As Brexit Talks Seen Dragging Into November
Photographer: Geert Vanden Wijngaert/Bloomberg

欧州連合(EU)初のソーシャルボンド(社会貢献債)は2330億ユーロ(約29兆円)という記録的な注文を集めた。サステナブルファイナンスの中でも最も急速に成長している分野で投資家の関心が高いことが背景だが、問題はEUが今後発行する他の共通債にも同様の人気が広がるかどうかだ。

EU初のソーシャルボンドに29兆円の注文-高成長市場で旺盛な需要

  EUは新型コロナウイルス危機からの復興の資金を調達するため、最大1兆ユーロ相当の債券を発行しようとしている。通常の債券やグリーンポンドにもソーシャルボンドと同等の関心が集まれば、EU債の市場は米国債に並ぶほどの奥行きを持つことになる。

  パシフィック・インベストメント・マネジメント(PIMCO)の欧州国債担当シニアポートフォリオマネジャー、コンスタンティン・ビート氏は「何年もかかるEUのミッションの力強い滑り出しだ」と述べた。

  EUは今週の起債で、「緊急時失業リスク緩和支援(SURE)」プログラムの下で計画しているソーシャルボンド1000億ユーロ発行のほぼ5分の1を達成した。

EU Howitzer

Bloc's debut 10-year social bond smashes previous record orderbooks

Source: Bloomberg

  EUの発行する債券は、欧州中央銀行(ECB)が50%まで購入することができる。これはユーロ圏各国の国債を購入できる割合より高く、EU債の下支えになる。アライアンス・バーンスタインのマネーマネジャー、ジョン・テーラー氏は「投資家は量的緩和(QE)のコミットメントに注目しており、これが延長されると予想している」と述べた。

  EU債の本格的な発行は、加盟国が7500億ユーロの復興基金案の詳細を承認すれば来年始まる予定。共通債の発行が成功すれば、債務の共有によってEUの経済的統合が深まる見込みだ。

原題:EU’s Record-Breaking Bonds Ease Path to Next 1 Trillion Euros(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE