コンテンツにスキップする

オアシス:東京ドーム社長の経営に「失敗」-臨時総会議案に賛同求める

香港のヘッジファンド、オアシス・マネジメントは、東京ドームに臨時株主総会を請求している背景について、経営陣の変革を求めるなどとした主張を20日付で発表した。東京ドームが同日、臨時株主総会を12月中旬めどに開催予定だと発表したことを受けた。

  書面でオアシスは、東京ドームが新型コロナウイルスへの対策などをまとめた7月公表の事業計画について、ホテルなど資産の改革案を提示しなかったと指摘。長岡社長は資産の本質的価値を引き出していないとし、経営の失敗に責任を取るべきだとするなど、3人の取締役解任を求めた臨時株主総会向けの自らの議案に賛同を呼び掛けた。

基の情報をご覧になるにはこちらをクリックしてください

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE