コンテンツにスキップする

【新型コロナ】リリー抗体薬工場の品質管理に欠陥、キャセイ人員削減

更新日時
  • アマゾン、在宅勤務が2021年6月末まで可能に-コロナ再流行の中
  • スペイン、首都マドリードの夜間外出禁止令を検討

米食品医薬品局(FDA)の担当官が今夏、米製薬会社イーライリリーの新型コロナウイルス抗体薬を製造する予定の米工場を査察した際に「品質管理の重大な欠陥を裏付ける」問題が見つかったとして、FDAとして措置を講じることがなお必要不可欠との認識を今月2日の文書で示していたことが分かった。

イーライリリー、品質管理問題をFDAが再警告-コロナ薬製造工場で

  香港のキャセイパシフィック航空は21日、香港在勤の約5300人を削減し、キャセイドラゴン航空部門を閉鎖すると発表した。

キャセイ航空が香港で約5300人削減へ-ドラゴン航空部門も閉鎖

  欧州各国は新型コロナ感染拡大の抑制に向けた取り組みを強めている。ドイツとオランダ、ギリシャでは新規感染者が過去最多となり、スペインは首都マドリードの夜間外出禁止令を検討している。イタリアの新規感染者は1万874人と、前日の9338人から増加した。

  ジョンソン英首相は地元の同意が得られぬまま、北部マンチェスター大都市圏に対しバーやパブの営業停止など同国で最も厳しい制限措置を課した。

  インターネット通販大手の米アマゾン・ドット・コムはホワイトカラーの従業員について2021年6月末まで在宅勤務を認める。新型コロナ感染者が全米で再び増加する中で、オフィス再開を遅らせる。

アマゾン、在宅勤務が2021年6月末まで可能に-コロナ再流行の中

  コロナウイルス感染症(COVID19)により同州で3万3000人余りの死者が出たのはトランプ大統領の責任であり、大統領は「うそつき」で「スーパー・スプレッダー」だと非難した。

トランプ氏は「スーパー・スプレッダー」、クオモ州知事が痛烈批判

  スイスの製薬会社ロシュ・ホールディングのセベリン・シュバン最高経営責任者(CEO)は年内に新型コロナワクチンが広く普及する可能性は低いと警告した。ワクチンの早期実用化への期待が高まる中、製薬業界からは慎重な意見が相次いでいる。

ロシュが警告、ワクチンが年内に広く普及するとの期待は「非現実的」

  中国は治験段階の新型コロナワクチンを多数に接種していることについて、海外から再流入するリスクや、これまでに重要な副作用が見られないことを考慮すれば正当だと主張した。

  米ジョンズ・ホプキンス大のデータによれば、世界の新型コロナ感染者は4070万人を超え、死者は110万人を上回った。

原題:Lilly’s U.S. Plant Flagged; Cathay Cuts 5,300 Jobs: Virus Update(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE