コンテンツにスキップする

ゴールドマン、2100億円超支払いへ-1MDB巡り米司法省と合意

  • 数日内に合意発表の可能性-有罪判決に至る事態を逃れると関係者
  • マレーシア当局などへの分も含めると支払いは計50億ドル近くか

ゴールドマン・サックス・グループは、マレーシアの政府系投資会社1マレーシア・デベロップメント(1MDB)の不祥事に関する同社の役割について、20億ドル(約2100億円)余りを支払うことで米司法省と合意したと、事情に詳しい関係者が明らかにした。合意は数日内に発表される可能性があるという。

  この合意によりゴールドマンは米国での刑事上の有罪判決に至る事態を免れると、部外秘の情報だとして関係者が匿名を条件に述べた。支払額は同社のこれまでの引き当てやアナリスト予想にほぼ一致した。

  1MDBの資金調達への関与を巡る数年にわたる捜査や交渉がおおむね決着することになる。7月にはマレーシア当局と25億ドルの支払いで合意し、当局は9月にゴールドマンに対する刑事訴追を取り下げていた。

  ゴールドマンの担当者はコメントを控えた。司法省報道官はコメントを求めるメッセージに応答していない。

  1MDBの問題に絡んでマレーシア当局や米司法省などにゴールドマンが支払う額は計50億ドル程度に上る可能性がある。

原題:
Goldman Poised to Pay More Than $2 Billion in DOJ’s 1MDB Probe(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE