コンテンツにスキップする

米大統領選の最終討論会、マイクを部分的にミュートに-実行委員会

Donald Trump and Joe Biden during the first U.S. presidential debate on Sept. 29.
Donald Trump and Joe Biden during the first U.S. presidential debate on Sept. 29. Photographer: Olivier Douliery/AFP
Donald Trump and Joe Biden during the first U.S. presidential debate on Sept. 29.
Photographer: Olivier Douliery/AFP

1日を始める前に押さえておきたい世界のニュースを毎朝お届け。ブルームバーグのニュースレターへの登録はこちら。

米大統領候補討論会委員会(CPD)は19日夜、トランプ大統領と民主党候補のバイデン前副大統領による22日の最終討論会で、各候補のマイクを部分的にミュートにすると発表した。

  発表資料によると、各候補は6項目に分かれた15分ずつの討論のそれぞれ最初2分間に中断なしで話す。その後に両候補のマイクがいずれもオンにされ、残りの時間は「自由に議論する」という。討論会はテネシー州ナッシュビルのベルモント大学で開かれる。

  CPDは、両陣営が「今週、2分間中断なしルールへの同意を再確認した」と説明。今回の措置はルール変更ではなく、現行ルールの確実な順守を意図したものだと付け加えた。

  9月29日に実施された最初の大統領候補討論会では、トランプ氏が繰り返しバイデン氏の発言を遮るなどして混乱したことから、CPDはその対応として変更を検討していた。

  トランプ陣営はルール変更に反対する考えを表明していた。

原題:
Biden, Trump Will Be Muted During Debate: Campaign Update(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE