コンテンツにスキップする

トランプ氏、最近まで大統領選勝利に自信なかった-スタッフに語る

  • バイデン氏のトランプ氏に対する支持率リードは約9ポイントに拡大
  • 選挙戦は世論調査で示されているより接戦-トランプ陣営選対本部長
トランプ大統領

トランプ大統領

Photographer: Ash Ponders/Bloomberg
トランプ大統領
Photographer: Ash Ponders/Bloomberg

1日を始める前に押さえておきたい世界のニュースを毎朝お届け。ブルームバーグのニュースレターへの登録はこちら。

トランプ米大統領は19日、最近まで大統領選で勝利して再選を決められるか自信がなかったと、電話会議で自身の選挙陣営のスタッフに語った。

  トランプ氏は「われわれは勝つつもりだ」と表明したが、「恐らく2、3週間前ならこう言っていなかっただろう」と述べた。トランプ陣営は記者団にも電話会議に参加するよう呼び掛けていた。

  トランプ氏の世論調査での支持率は、民主党の大統領候補バイデン前副大統領との第1回大統領選討論会と新型コロナウイルス感染で入院した後に大きく低下している。リアルクリアポリティックスによると、バイデン氏のトランプ氏に対する支持率のリードは9月末時点で平均6ポイントだったが、10月19日には約9ポイントに拡大した。

  バイデン氏はより小幅なリードだが、多くの激戦州の世論調査でも優勢となっている。

  一方、トランプ氏は共和党系の会社トラファルガーが先週発表したミシガン州で同氏が優勢との世論調査に言及し、「これまでの選挙戦の中で唯一にして最高の結果だ」と述べた。

  トランプ陣営のビル・ステピエン選対本部長は、バイデン陣営もここ数週間、世論調査で示されているよりも選挙戦が接戦である可能性を示唆していると指摘。「バイデン陣営と意見が一致することは多くないが、今回が接戦だという同陣営の見方は全くその通りであるため、私も同意見だ」と述べた。

原題:Trump Was Unsure of Victory Until Recently, He Tells Staff(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE