コンテンツにスキップする

インテル、NAND部門売却で韓SKハイニックスと近く合意-WSJ

  • 約100億ドルで売却か、主力事業に集中する取り組みの一環-WSJ
  • インテル株上昇、合意はインテルにとってプラスになるとの見方

1日を始める前に押さえておきたい世界のニュースを毎朝お届け。ブルームバーグのニュースレターへの登録はこちら。

米半導体メーカーのインテルはNAND型フラッシュメモリー部門を韓国のSKハイニックスに約100億ドル(約1兆540億円)で売却することで、近く合意する見通しだ。米紙ウォールストリート・ジャーナル(WSJ)が報じたもので、主力事業に集中する取り組みの一環という。

  同部門はコンピューターや他の装置向けにNAND型フラッシュメモリーを製造。インテルのボブ・スワン最高経営責任者(CEO)は2019年の就任以来、同社が重点的に取り組むパソコンやサーバー向けプロセッサーに関連しない部門を複数売却する方向で進めてきた。

  ウェルズ・ファーゴ・セキュリティーズのアナリストらは投資家向けリポートで、合意はインテルにとってプラスになるだろうと指摘した。19日の米株式市場で、同社の株価は一時3.8%高となった。NAND型フラッシュメモリーを製造する米マイクロン・テクノロジーは一時4.6%、ストレージ装置メーカーのウエスタンデジタルは一時11%それぞれ上昇した。

  WSJによると、合意は19日にも発表の可能性がある。インテルの広報担当者はコメントを控えた。

原題:Intel Near Deal to Sell Storage Unit to SK Hynix, WSJ Says (1)
(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE