コンテンツにスキップする

S&P500、先週高値から10%下落も-モルガンSのウィルソン氏

更新日時
  • ストラテジストのウィルソン氏は9月の相場下落を正確に予測
  • S&P500は長期的な抵抗線の突破を2度試みるも失敗

1日を始める前に押さえておきたい世界のニュースを毎朝お届け。ブルームバーグのニュースレターへの登録はこちら。

モルガン・スタンレーの米国株担当チーフストラテジスト、マイク・ウィルソン氏は、S&P500種株価指数が1週間前に付けた高値から10%下げる可能性があるとみている。8月に翌月の相場下落を正確に予想したウィルソン氏は投資家に対し、再び激しい相場変動に備えるよう促している。

  S&P500はこの2カ月、過去40年間にわたって相場のピークを示してきた長期トレンドラインの突破を2回試みたものの成功しなかった。

relates to S&P500、先週高値から10%下落も-モルガンSのウィルソン氏

  同氏はこうしたチャート上のハードルのほか、追加景気対策協議の行き詰まりや新型コロナウイルスの感染拡大、米大統領選などマクロ経済面の向かい風を要因に挙げた。これら全てが市場のボラティリティーを高め、投資家は株式投資により消極的になるだろうと指摘した。

  ウィルソン氏は顧客向けリポートで、「来月は不確実性要因が非常に多く、少なくとも指数のレベルで強気相場が再開する前に、短期的に12日の高値からさらに10%の調整が見られる可能性が最も高いと考えている」と説明した。

  そのようになればS&P500は3172まで下げることになる。これは過去200日間の平均に近いレベルだ。

値上がりが大型株に偏るS&P500、近く調整のリスクも-モルガンS

  S&P500は9月初めと10月12日に、ウィルソン氏が「極めて強い」抵抗線だと指摘する水準の3550に接近したが、これは偶然ではない。同氏の分析によれば、1987年と2000年の相場ピークをつなぐラインが、09年以降のさまざま時点の高値をつないだラインと交差するのが、その水準だという。

  「2回目の試みはより弱いモメンタムの中で見られた。これは9月に始まった調整が完了していない可能性が高いことを示唆している」とウィルソン氏は指摘した。

原題:Strategist Who Foresaw September Slump Says S&P 500 May Fall 10%(抜粋)

(分析内容を追加して更新します)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE