コンテンツにスキップする

【欧州市況】下落、決算に注目-イタリアなど周辺国債下落 (訂正)

訂正済み

欧州株は下落。朝方の上げを失った。投資家はこれから始まる決算発表シーズンに注目している。

  ストックス欧州600指数は0.3%安。ヘルスケアや化学、パーソナルケア関連銘柄が特に売られた。

  市場参加者は米景気対策協議も注視している。ペロシ下院議長は大統領・議会選が行われる11月3日より前に追加景気対策法案で合意するなら、20日までにホワイトハウスとの交渉で著しい進展がなくてはならないと述べた。

  ユーロネクストはこの日、技術的な問題でオランダやパリなどを含む全ての市場で取引が約3時間停止した。ただしオスロは影響がなかった。一部の銘柄では取引終了時に不自然な値動きが見られた。  

Equities remain pressured by virus, lack of progress on U.S. stimulus

  欧州債はイタリア債を中心に周辺国の債券が比較的軟調となった。ロングポジションの利益確定が影響した。欧州連合(EU)は新型コロナウイルス危機における雇用促進を目的とした初のソーシャルボンド(社会貢献債)の発行に向けて幹事銀行を起用した。10年債と20年債を発行する計画で、「緊急時失業リスク緩和支援(SURE)」の財源として最大1000億ユーロ(約12兆4000億円)を調達するプログラムの一環。

  イタリア債とドイツ債のイールドスプレッドは7ベーシスポイント(bp、1bp=0.01%)拡大して134bp。

  ドイツ債は変わらず。英国債は上昇、株価下落に伴い下げを埋めた。イングランド銀行(英中央銀行)による3-7年債の買い入れでは応札倍率が2.83倍と前回の4.34倍から低下した。

  ドイツ10年債利回りはマイナス0.62%で変わらず、フランス10年債利回りは1bp上昇してマイナス0.34%、イタリア10年債利回りは6bp上昇して0.72%。

原題:European Stocks Slip With Start of Busy Earnings Season in Focus(抜粋)

Italian Bonds Fall on Profit Taking: End-of-Day Curves, Spreads(抜粋)

(本文第1段落、「朝方の上げを失った」に訂正します。)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE