コンテンツにスキップする

ヘッジファンド、対ユーロのネットロングを縮小-2月以来の大幅減

欧州の新型コロナウイルス感染再拡大が成長見通しに影を落とす中、ヘッジファンドはユーロに対する強気を急速に後退させている。

  米商品先物取引委員会(CFTC)のデータによると、レバレッジドファンドの対ユーロのネットロングポジションは10月13日までの2週間で2万870枚減と、8カ月ぶりの大幅減となった。

  新型コロナ感染再拡大を受け、政策当局者が経済を支えるために再度緩和策を講じる可能性があるとの見方をトレーダーは強めている。欧州中央銀行(ECB)のラガルド総裁は、ユーロ圏の雇用の4分の3をサービス業が占めることを踏まえ、サービス業への打撃がとりわけ懸念されると警戒感を示した。

Increase in coronavirus cases in Europe has outpaced that of U.S.

原題:Hedge Funds Cut Bullish Euro Bets at Fastest Pace Since February(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE