コンテンツにスキップする

台湾の外交官が負傷、フィジーで中国当局者と小競り合い

更新日時
  • フィジーで開かれた台湾「双十節」を祝う行事で中国外交官と争いに
  • 台湾外交部は「戦狼外交」だと非難-中国側は事実に反すると反論

台湾外交部(外務省に相当)の曽厚仁政務次長は19日、フィジーで今月8日に開かれた台湾の建国記念日に当たる「双十節」を祝う行事で中国外交官との小競り合いが発生し、台湾の職員1人が負傷したことを明らかにした。中国の「戦狼」外交の一部である攻撃的な戦術を巡る懸念の広がりが浮き彫りとなっている。

  曽次長は立法院(議会)の議員らに対し、招かれていない在フィジー中国大使館の外交官2人が他の来客の写真を撮っていたところを目撃されたため退去を求められたと説明。台湾当局者と向かい合った中国の外交官が小競り合いを始め、台湾の出先機関の職員1人が頭部を負傷し病院で手当てを受けたという。

  台湾外交部は法治などに反するとし、「挑発的な戦狼外交」だとしてこれを非難した。

  在フィジー中国大使館は19日の声明で、中国職員に関する台湾側の主張は「事実に全く反している」と反論。在フィジーの台北商務弁事処の職員による「挑発的な行動」で中国外交官1人が負傷し、地元警察に捜査を求めたとしている。

  太平洋地域は中国と台湾の外交的影響力を巡る主戦場の1つ。2019年にはソロモン諸島とキリバスが台湾と立て続けに断交し中国と国交を結んだことを受け、米国が同地域で台湾への支援を強化。台湾と外交関係を持つ太平洋の残り4カ国に追随しないよう促した。

原題:
Taiwanese Diplomat Hurt in Scuffle With China Officials in Fiji(抜粋)

(第4段落以降に中国側の主張などを追加し更新します)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE