コンテンツにスキップする

中国経済、7-9月4.9%成長-予想下回るもコロナから回復続く

更新日時
  • 9月の工業生産は6.9%増、小売売上高3.3%増-いずれも予想上回る
  • GDPが予想下回ったのは輸入回復が一因、否定的でない-劉培乾氏

1日を始める前に押さえておきたい世界のニュースを毎朝お届け。ブルームバーグのニュースレターへの登録はこちら。

中国経済は7-9月(第3四半期)も新型コロナウイルス感染拡大による落ち込みから回復した。世界経済には支援材料になる。

  19日発表された7-9月の国内総生産(GDP)は前年同期比4.9%増。エコノミスト予想中央値は5.5%増加、4-6月(第2四半期)は3.2%増だった。

  9月の工業生産は前年同月比6.9%増、市場予想(5.8%増)より良かった。小売売上高は前年同月比3.3%増。市場予想は1.6%増だった。1-9月の固定資産投資は前年同期比0.8%増えた。予想は0.9%増だった。

China's quarterly GDP misses estimates but year-to-date growth is positive again

  7-9月のGDP成長率は予想を下回ったが、1-9月のGDPは0.7%増とプラスに転じた。7-9月は輸入の伸びが大きく、結果的にGDPを下押しした可能性があるが、経済全体にとってはなお前向きな兆候だ。

  中国当局による積極的な新型コロナ抑え込みで工場の早期操業再開が可能となり、医療機器や在宅勤務関連製品の世界的な需要拡大を取り込むことができ、景気回復を下支えしている。

  消費者の慎重姿勢は強いが、国慶節(建国記念日)に伴う大型連休の支出は堅調で、財布のひもが緩み始めていることを示唆している。

新型コロナで急減した中国GDPの回復が続いている

Markets: Asia.” (Source: Bloomberg)

  ナットウェスト・マーケッツの中国担当エコノミスト、劉培乾氏(シンガポール在勤)は「GDP成長率が予想を下回ったのはGDPにはマイナスに作用する輸入の力強い回復が恐らく一因だ」と指摘。「輸入の堅調な伸びは基調的な経済成長の持ち直しが加速していることを反映しており、これは否定的に見るべきではない」と述べた。

原題:China’s Recovery Boosts World Outlook as Consumer Mood Brightens(抜粋)

(第4段落以降を追加し更新します)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE