コンテンツにスキップする

クオンツ戦略、債券投資家の支持得る-計2635兆円の運用者が信奉

  • 株式市場ではファクター投資のファンドの成績振るわず、疑問の目も
  • インベスコが4-6月に調査、95%が債券の世界に適用できると回答

クオンツ戦略のファクター投資の多くに株式市場から疑問の目が向けられる中、債券市場では計25兆ドル(約2635兆円)を運用する投資家が支持を示した。

  インベスコが機関投資家・ホールセール投資家を対象に実施した年次調査で、回答者ほぼ全員がファクター投資は債券の世界に適用できるとの考えを示した。

  資産を割安度や収益性などの特性に基づいて選別するこのシステマティックなアプローチの信奉者は回答者の95%と、昨年の74%から増えた。インベスコによれば、この比率は2018年時点では59%だった。

  ゼロ金利は債券投資の将来のリターンを損なうが、その一方でクオンツという新たな分野への関心をかきたてる要因になっている。

  インベスコのポートフォリオマネジャー、ゲオルク・エルセサー氏は電話インタビューで、「30年に及んだ債券の強気市場では統計的に言えば、何を買ってもそこそこのリターンが得られた」が、「今はそうではない。金利が下がる余地はほとんどない。従って代替のリターンの源を見つける非常に切迫した必要性が生じている」と話した。  

Quant Converts

A growing percentage of investors believe factors apply in fixed income

Source: Invesco

  世界の債務の約17兆ドル相当の利回りがゼロを下回っている環境で、調査対象者の40%がすでに債券運用にファクター投資を導入していると答えた。35%は検討中だという。調査は4-6月(第2四半期)に実施した。

  株式市場ではファクター投資を採用するクオンツファンドの成績が総じて近年、ファンダメンタル分析に基づくファンドの成績やベンチマークを下回っているが、インベスコの債券投資家調査では向こう1年にファクター投資への配分を減らすつもりだと回答したのは5%にとどまり、残りは維持または拡大する方針だった。

  また、回答者の半数強がESG(環境、社会、企業統治)の要素をファクターポートフォリオに組み込んでいると回答、さらに20%が実施を検討していると回答した。

原題:
Managers of $25 Trillion Are Almost All Bond Quant Believers Now(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE