コンテンツにスキップする

日本経済の回復は鈍い恐れ、実体経済かなり弱い-若田部日銀副総裁

日本銀行の若田部昌澄副総裁は日本経済について、新型コロナウイルスが引き起こした不況からの回復が鈍いものになる恐れがあるとの見解を示した。

  若田部副総裁は16日、バーチャル形式で行われた他の中央銀行当局者とのパネル討論会で、「実体経済はかなり弱い。景気は回復すると予想しているが、回復のペースは恐らくかなりゆっくりとしたものになるだろう」と発言。「日銀はすでに包括的な手段やプログラムを設けているので、それぞれの措置を強化することが可能だ」と続けた。

  日銀は経済活動を刺激する追加措置をとる可能性を排除しないとしつつ、その場合は既存の緩和策を考慮する必要があるとも指摘。円高はインフレに影響を及ぼし得るとの懸念を挙げて、一段の円高進行を注視すべきだとの認識も示した。

  「そうした為替レートがインフレ動向や給与所得に及ぼす影響に、われわれは極めて注意する必要がある」とし、「インフレの動きがさらに後退したり弱まったりすると判断される場合には、次の行動を考えるべきだろう」と語った。

原題:
BOJ’s Wakatabe Says Japan Faces More Sluggish Economic Recovery(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE