コンテンツにスキップする

米鉱工業生産指数、9月は製造業が予想外の低下-総合も軟化

更新日時

9月の米鉱工業生産指数は製造業が予想外に低下した。新型コロナウイルスのパンデミック(世界的大流行)の影響が尾を引き、5カ月ぶりの低下となった。

キーポイント
  • 鉱工業生産の総合指数は前月比0.6%低下
    • ブルームバーグがまとめたエコノミスト予想は0.5%上昇
    • 8月は0.4%上昇
  • 製造業の生産指数は0.3%低下
    • 予想は0.6%上昇
    • 8月は1.2%上昇(速報値1%上昇)に上方修正
Manufacturing production fell in September after four months of gains

  7ー9月期の鉱工業生産は年率39.8%上昇したが、9月の低下は生産鈍化を浮き彫りにしている。

  オックスフォード・エコノミクスのエコノミスト、オレン・クラチキン氏は「財を生産する産業はサービス産業よりも速く回復してきたが、経済全体の回復が勢いを失う中で軟化は免れられないだろう」とリポートで指摘。「パンデミックで需要が大幅に高まったコンピューターや自動車といった物品の生産は、明らかに勢いを失っている」と記述した。

  製造業の生産低下は自動車やエレクトロニクスの生産の弱さを反映。前月に4.3%低下した自動車生産は4%低下。コンピューターおよびエレクトロニクス製品は2.6%低下した。自動車を除く製造業の生産は前月比横ばいだった。

  製造業の設備稼働率は70.5%に低下。企業が事業停止に追い込まれる前の2月の75.2%を大きく下回っている。全体の設備稼働率は71.5%に低下。前月は72%に上方修正された。

  公益事業の生産は5.6%低下。鉱業は1.7%上昇。石油・ガス掘削が3.5%上昇した。

  統計の詳細は表をご覧ください。

原題:Manufacturing Output in U.S. Unexpectedly Declined in September(抜粋)

(情報を加え、更新します)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE