コンテンツにスキップする

ファイザーのコロナワクチン候補、11月後半の緊急使用許可申請目指す

ファイザーは、ドイツのビオンテックと開発中の新型コロナウイルスワクチン候補が大規模な後期段階の臨床試験で有効性を示した場合、米国での緊急使用許可を11月後半までに申請する可能性がある。

  具体的な時期は安全性の検証を待つことになる。米食品医薬品局(FDA)は臨床試験参加者の少なくとも半数を対象に2カ月間、副作用の可能性を観察することを義務付けている。ファイザーは、11月の第3週に安全性のデータが示されるとみている。

  ファイザーのアルバート・ブーラ最高経営責任者(CEO)は16日、同社のウェブサイトに掲載された公開書簡で、「前向きなデータが出てくるとの前提で、安全性の検証が達成され次第、当社は米国での緊急使用許可を申請する意向である」と説明した。ワクチン候補の有効性に関する初期のデータ解析結果は月内にも明らかになる可能性がある。

原題:Pfizer Targeting Late November for Covid Vaccine Application (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE