コンテンツにスキップする

麻生財務相、コロナ給付金の追加には否定的「勘違いしている人多い」

麻生太郎財務相は16日、新型コロナウイルス対策の給付金の追加支給について否定的な見解を示した。1人当たり10万円の給付を決定した緊急事態宣言下と現在は「異なる状況」としている。閣議後会見で語った。

  麻生氏は、給付金について「勘違いしている人が多い」と述べ、前回の給付には「連帯して国難を乗り越えていく」という大前提があったと説明した。自民党の長島昭久衆院議員らは14日、追加で5万円の定額給付金を含む40兆円規模の緊急経済対策についての提言を菅義偉首相に手渡していた。

  東京証券取引所のシステム障害で取引が終日停止したことに関しては、「バックアップが作動しなかったのが問題」と指摘。「なぜ当日に復旧できなかったかという点など、引き続き究明していく必要がある」と語った。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE