コンテンツにスキップする

再選目指すグラム上院議員、トランプ氏敗北の可能性も見据える

  • 共和党のグラム議員はサウスカロライナ州の選挙戦で厳しい情勢
  • もし再選されれば「出直すことを約束する」とグラム議員

共和党のリンゼー・グラム上院議員は、恐らく党内のどの上院議員よりもトランプ大統領と強い関係を築いてきたが、ここにきてトランプ大統領のいない未来の可能性について語り始めている。

  15日の上院司法委員会の公聴会でグラム議員は、11月3日の選挙について慎重かつ珍しく率直な発言をした。グラム、トランプ両氏はともに再選がかかる同日の選挙を巡り、厳しい情勢にある。

  グラム議員は自身とトランプ氏がともに敗北する可能性があることを認めている様子を見せるとともに、上院でこの4年間に顕著だった激しい党派主義より融和的な政治的雰囲気の醸成を望んでいることを示唆した。

  「何が起こるか、私には分からない」とした上で、再選されれば「出直すことを約束するとだけは言える。未来を見据え、後ろを振り返ることはしない」と語った。

  選挙まで3週間を切ったが、トランプ氏はほぼ全ての世論調査で民主党候補のバイデン前副大統領にリードを許している。サウスカロライナ州選出で現在が3期目のグラム議員も今回の民主党候補との対決で、自身のキャリアにおいてこれまでで最大の試練にさらされている。

原題:
Graham Sees Possibility of Trump’s Defeat, Changes After Nov. 3(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE