コンテンツにスキップする

政府が5500億円の予備費使用決定-雇調助成金やサプライチェーン対策

政府は16日、新型コロナウイルス感染症対策の予備費約5500億円の使用を閣議決定した。

  企業に対し、雇用維持を図るための休業手当を補助する雇用調整助成金4391億円や国内生産拠点の再構築を支援するサプライチェーン対策補助金860億円の上乗せが柱。予備費の残額は約7兆3000億円となる。

  今月採択予定の企業の国内回帰を促進するサプライチェーン対策補助金は2200億円の予算に対し、先行採択分を含め約1兆8000億円を超える応募が集まった。雇用調整助成金は9日までに約1億6000億円の予算を上回る約1兆7000億円超の執行が決まっていた。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE