コンテンツにスキップする

ルノーがEVラインアップ強化、欧州首位の死守目指す-VWが猛追

From
  • EV市場での反撃はデメオ新CEOにとって最優先課題の1つ
  • ルノー・日産連合の欧州EV市場でのシェアは過去4年で半減

ルノーは電気自動車(EV)のラインアップ強化を大々的に打ち出したが、欧州EV市場が拡大する中、同市場で首位の座を今後も維持するには手遅れかもしれない。

  ルノーと日産自動車のアライアンスは、EV市場で長らく先行者利益を享受してきた。しかし、過去4年間で同アライアンスの欧州EV市場でのシェアはほぼ半減。2019年にはテスラに首位の座を一度奪われ、現在はフォルクスワーゲン(VW)の猛追を受けている。

Sliding Share

The alliance no longer dominates Europe's battery-electric vehicle market

Source: EV-Volumes, Credit Suisse

Note: 2020 data is through August

  EV市場での反撃は、ルノーの経営を7月に引き継いだルカ・デメオ最高経営責任者(CEO)の最優先課題の1つ。デメオ氏は15日、新たなEV2車種を発表した。クロスオーバー車「 ダチア・スプリング」と、日産および三菱自動車と共同開発した車台を使うコンセプトカー「メガーヌ・eビジョン」だ。前者は来年に、後者は22年に市場投入を予定している。

relates to ルノーがEVラインアップ強化、欧州首位の死守目指す-VWが猛追

ルノーの「メガーヌ・eビジョン」

写真家:CGワトキンス/ルノーSA

  ルノーにとってEVのラインアップ強化は急務だ。

  クレディ・スイスのアナリストは先週、EVボリュームズ・ドットコムのデータを引用し、今年1-8月の欧州EV市場に関するリポートを発表。2位VWのシェアは22%と、ルノー・日産・三菱自の3社連合の24%に肉薄している。

  クレディ・スイスによると、今年1-8月に欧州で最も売れたEVはルノーのサブコンパクト「ゾエ」で、 テスラの「モデル3」とVWの「e-ゴルフ」がそれに続いた。

DACIA SPRING ELECTRIC (BBG)

ルノーの「ダチア・スプリングEV」

写真家:Alex Aristei / Renault SA

原題:
Renault Bolsters Electric-Car Lineup After Squandering Lead (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE