コンテンツにスキップする

米住宅ローン金利、過去最低更新-今年10回目

  • 30年物固定金利は2.81%、データが残る約50年で最低となった
  • 全ての人が低金利の恩恵を受けられるわけではない-エコノミスト

米国の住宅ローン金利がまた過去最低を更新した。

  米フレディマック(連邦住宅貸付抵当公社)の15日の発表によると、30年物固定金利(平均)は2.81%と前週の2.87%から低下し、データが残る約50年で最低となった。過去最低更新は今年10回目。これまでの最低は2.86%だった。

Mortgage rates have been on a downhill slide since March

  新型コロナウイルスへの懸念から安全資産としての米国債への投資が広がり、3月から借り入れコストは下がり始め、その傾向が終わる気配はない。米金融当局は政策金利を少なくとも2023年まではゼロ付近で維持する方針を示唆している。これにより、7月以降3%を下回っている住宅ローン金利は引き続き抑制された水準にとどまる見込みだ。

  新型コロナで雇用が落ち込む中でも、低金利ローンが住宅市場を後押ししている。ただ、限られた供給に対し需要が高まることで価格上昇を招いており、多くの米国民にとって持ち家取得は遠のきつつある。銀行による貸出基準の強化も購入希望者にとって障害となっている。

  フレディマックのチーフエコノミスト、サム・カーター氏は発表文で、新型コロナの「パンデミック(世界的大流行)の影響を考えると、全ての人が低金利の恩恵を受けられるわけではないことを認識することが重要だ」と指摘した。

原題:Mortgage Rates Fall to a Record Low for the 10th Time This Year(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE