コンテンツにスキップする

トランプ氏に投与のコロナ抗体カクテル療法、広く行き渡るのは困難

  • 必要とみられる全ての人に十分な量の生産が不可能とロシュ幹部
  • 来年3月末までに年間最大200万回分を生産できるようになる見込み

新型コロナウイルス感染症(COVID19)の抗体カクテル療法はトランプ米大統領が自身の速やかな回復に寄与したと高く評価したが、広く行き渡ることはなさそうだ。必要とみられる全ての人に十分な量の生産が不可能なためだ。生産拡大に取り組んでいるスイスの製薬会社ロシュ・ホールディングが明らかにした。

  このプロジェクトで米リジェネロン・ファーマシューティカルズと協業するロシュの医薬品責任者ビル・アンダーソン氏は「十分に生産できることは決してないだろう」とした上で、「これは世界にとって解決策ではなく、解決策の一部でしかないことは明らかだ。ワクチンや他の治療法が利用できることを期待している」と語った。

  アンダーソン氏によると、両社は抗体カクテル療法が当局の許可を得られれば、来年3月末までに年間最大200万回分を生産できるようになる見込み。ただ、その数は過去1週間に全世界で確認された新規感染者数とほぼ同じだ。

  同氏によれば、生産能力が限られる一因には、新型コロナ向けの抗体医薬品の用量が他の疾患向けをはるかに上回ることがある。リジェネロンの臨床試験で投与されている低用量は2.4グラムだが、これは乳がん患者に4ー6カ月、多発性硬化症(MS)患者に2年間かけて使用される量と同じくらいだという。

  トランプ氏はリジェネロンの抗体医薬品について、米市民が無料で利用できるようにすると表明している。

原題:
Why Trump’s Covid-19 Antibody Cocktail Won’t Be Widely Available(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE