コンテンツにスキップする

【欧州市況】株が3週ぶり大幅安、コロナ感染再拡大-ドイツ債上昇

欧州株は下落。約3週ぶりの大幅安となった。新型コロナウイルスの感染再拡大を受けて一部の主要都市で制限措置が強化された。

  ストックス欧州600指数は2.1%安と、9月21日以来の大幅下落。月間ベースでこれまでの上げをほぼ失った。エネルギー、保険株が特に売られた。

  英国はロンドン市民の行動制限を強化し、別の家族と屋内で交流することを禁止する。フランスはパリなど大都市で夜間の外出を禁止した。

  リーガル・アンド・ゼネラル・インベストメント・マネジメント(LGIM)のマルチアセットファンド責任者ジョン・ロー氏は「完全なロックダウン(都市封鎖)のリスクが高まっている。各地の対応策は極めて不十分だ」と述べ、「買いを入れるまで、いつも以上に様子見するだろう」と述べた。

Europe's major indexes are erasing their gains made during October

  欧州債はユーロ圏中核国、準中核国債が上昇した。安全逃避の買いを集めた。イタリア債や周辺国債は下落。新型コロナの感染再拡大が材料となった。イタリア債とドイツ債のイールドスプレッドは5月5日以来の最大に拡大した。英国債も上昇。ロンドンでは新型コロナ感染拡大防止策が強化される。

  イタリア10年債利回りは9月24日以来の大幅上昇。ドイツ10年債利回りは3月13日以来の低水準となった。イールドスプレッドは最大13ベーシスポイント(bp、1bp=0.01%)拡大して137bp。

  ドイツ債の利回り曲線はブルフラット化。英国債もブルフラット化した。

  ドイツ10年債利回りは3bp下げてマイナス0.61%。フランス10年債利回りは2bp下げてマイナス0.33%。イタリア10年債利回りは4bp上げて0.70%。

原題:European Stocks Slump Most in Three Weeks on New Lockdown Fears(抜粋)

Bund Advance on Haven Bids Amid Virus Surge: End-of-Day Curves(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE