コンテンツにスキップする

【新型コロナ】米中西部3州で感染急増、レムデシビルの効果に疑問符

  • トランプ氏とバイデン氏、コロナ巡り相反する主張-同時刻TV集会
  • 青島市、4日間で検査1080万件実施も感染者見つからず

米国では中西部の人口が多いイリノイ、オハイオ、ミシガンの3州で新型コロナウイルス感染者が急増している。欧州では新型コロナが再び猛威を振るっており、ロンドンで行動制限が強化された。

英国がロンドンの制限強化、他の家族と屋内で交流禁止-週末から

  米大統領選の第2回候補者討論会は中止となったが、共和党の現職トランプ大統領と民主党候補バイデン前副大統領は15日、それぞれタウンホール形式の集会を開催。バイデン氏がトランプ氏の新型コロナ対応を批判したのに対し、トランプ氏はマスク着用の予防効果について引き続き疑問を呈した。

トランプ氏とバイデン氏、コロナ巡り相反する主張-同時刻TV集会

  新型コロナ感染症(COVID19)治療薬レムデシビルは患者の生存率に大きな影響を与えないことが、世界保健機関(WHO)実施の臨床試験で分かった。

  ギリアド・サイエンシズは15日、WHOが実施したレムデシビルのSolidarity試験(グローバル試験)の初期段階のデータが公表されたことについて懸念を表明した。

レムデシビルのWHO試験、無作為化対照試験の結果と矛盾-ギリアド

  今月11日にクラスター発生を報告した中国の山東省青島市は4日間で1080万件の新型コロナ検査を実施したが新たな感染者は見つからなかったと発表した。同市は5日間以内に市民全員の検査実施を目指している。

  韓国では16日午前0時までの24時間で47件の新規感染症例が確認された。前日の99件から減少した。

  フランスは15日朝までの24時間で新たに3万621人が感染し、過去最多を更新したと報告。スペインの新規感染は6603人と、4月以来の多さとなった。アイルランドでは1205人と、過去最多を更新。イタリアも8804人と過去最多となった。

  米民主党の副大統領候補、カマラ・ハリス上院議員は19日まで遊説を中止する。スタッフ2人が検査で陽性反応を示したことが理由。バイデン陣営が明らかにした。

  ニューヨークのデブラシオ市長は、市内ホットスポットでの感染は増加ペースが頭打ちになってきたと報告した。テキサス州のヒューストン大都市圏では重症患者数が24時間で18%増加し、1カ月ぶり高水準となった。

  米ジョンズ・ホプキンス大学の集計データによると、世界の感染者は3880万人を超え、死者は109万人を上回った。

relates to 【新型コロナ】米中西部3州で感染急増、レムデシビルの効果に疑問符

  欧州委員会のフォンデアライエン委員長が欧州連合(EU)首脳会議を途中で退席した。検査でスタッフ1人の陽性が確認されたため。委員長はツイッターで、自身は陰性だったとした上で、直ちに自主隔離に入ると述べた。

  アルゼンチンは累計感染者数でコロンビアを超え、中南米でブラジルに次ぎ2位、世界で5位となった。

新型コロナ関連記事

原題:U.S. Midwest Surge; Remdesivir Found Ineffective: Virus Update(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE