コンテンツにスキップする

EUが英に譲歩要求、FTA交渉は継続-英首相は16日に態度表明

更新日時
  • EUが歩み寄りを検討する前に国庫補助の制限で英側に譲歩を要求
  • 交渉打ち切りも辞さない英首相はEU側への対応を16日に表明する

欧州連合(EU)は15日にブリュッセルで開幕した首脳会議で、英国に自由貿易協定(FTA)締結交渉でのさらなる譲歩を求めた。EU側が漁業権に関する歩み寄りを検討する前に国庫補助の制限で英側に譲歩を要求した。

  EU首脳は声明で、「今後数週間の協議継続」が必要だとした上で、「合意を可能にするため、必要な行動を起こすよう」英政府に促した。ドイツのメルケル首相は「引き続き譲歩の余地を残しておくようわれわれは英国に求めた。歩み寄る心構えがわれわれに必要なのは言うまでもない。双方に越えられない一線がある」と述べた。

  ジョンソン英首相は、FTAの合意の可能性が低いと考えれば交渉から手を引くと警告している。英側の交渉担当者デービッド・フロスト氏によれば、EU側への対応を首相は16日に表明する。協議の非公開を理由に英国の立場に詳しい関係者が匿名を条件に明らかにしたところでは、EU首脳らが発するシグナルと討議の内容に基づき首相は状況を判断する意向だ。

David Frost GETTY sub

デービッド・フロスト氏

Photographer: Tolga Akmen/AFP via Getty Images

  フロスト氏はEU側の警告に「驚き」と「落胆」を表明したが、EUのバルニエ首席交渉官は15日、今後の協議について、「必ずしも合意が得られると現時点で言えないが、見込みはある」と語った。

  バルニエ氏は記者団に対し、自分としては、来週にロンドン、翌週はブリュッセルで交渉が続くと考えていると述べ、「最後の土壇場の1日までわれわれは協議に引き続き応じる用意がある。交渉は終わっていない」と発言した。

  バルニエ氏は英国との今後数週間の協議に望む姿勢に関し、「集中的」という表現を用いてきたが、草案段階であったこの言葉が、EU首脳会議の最終コミュニケから削除された。

  フロスト氏はツイートで、「将来のパートナーシップを巡る合意達成に『集中的』に取り組むことにEUがもはやコミットしていないことに驚いた。妥結に至るには今後全ての動きを英国が行う必要があると示唆している点も驚きだ」と批判した。

原題:Brexit Talks Head for Crisis as Johnson Decides Whether to WalkJohnson Enters Brexit Decision Day With EU Refusing to Play Ball(抜粋)

(ドイツ首相の発言などを追加して更新します)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE