コンテンツにスキップする

ハリス民主党副大統領候補、遊説を一時中止-スタッフがコロナ陽性

米民主党の副大統領候補、カマラ・ハリス上院議員は18日まで遊説を中止する。スタッフ2人が新型コロナウイルス検査で陽性反応を示したことが理由。バイデン陣営が15日に明らかにした。

  2人が陽性反応を示す前の数日間、ハリス氏はどちらとも「濃厚接触」はなかったと、陣営は説明。だが「慎重を期して」遊説を一時取りやめるとした。感染した2人はいずれも、バイデン大統領候補との接触はなかった。

  ハリス氏は15日にノースカロライナ州訪問を予定していたほか、11月3日の選挙期日まで毎日の遊説を計画していた。バイデン陣営で新型コロナ感染が確認されたのは今回が初めて。

原題:Harris Cancels Travel After Aide Tests Positive for Covid-19(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE