コンテンツにスキップする

米新規失業保険申請件数、8月以来の高水準-予想外に増加

更新日時

先週の米新規失業保険申請件数は市場の予想に反して増加し、8月以来の高水準となった。延長給付プログラムに移行する国民も増えた。新型コロナウイルス大流行からの回復が既に減速しつつある労働市場にとって、気掛かりな兆候となった。

キーポイント
  • 新規失業保険申請件数(10月10日終了週)は、通常の州プログラム下で前週比5万3000件増の89万8000件
    • ブルームバーグがまとめたエコノミスト予想中央値は82万5000件
    • 前週は84万5000件(速報値84万件)に修正
  • 季節調整前ベースでは、週間の増加幅としては7月以来最大
Filings for U.S. jobless benefits unexpectedly climbed last week

  州プログラム下での失業保険継続受給者数は、10月3日終了週に前週比117万人減少し1000万人。

  継続受給者数の減少は、通常の給付期間が終了した人が延長給付プログラムに移行していることを一部反映している可能性もある。州の給付期間が終了した人向けの連邦政府のプログラム、パンデミック緊急失業補償(PEUC)に移行した人は季節調整前ベースで、9月26日終了週に81万8054人増の278万人となった。

  カリフォルニア州では2週間の新規失業保険申請受け付け停止措置が終了したものの、過去2回の統計と同様に同申請件数の数字は9月半ばの水準で凍結した状況が続いている。同州の報告状況が正常化するまで従来の数字を使用し続けると、労働省の報道官は説明した。

  最も人口が多いカリフォルニア州が最新の数字ではないものの、今回の統計では全米で失業が増えつつある可能性が示された。新規失業保険申請件数はインディアナやイリノイ、マサチューセッツ、ジョージア、ワシントンなどの各州で増加した。

  PEUCの数字は2週間の遅れがあるが、この申請件数は多くの州で急増。特にカリフォルニアやニューヨーク、ミシガン、ペンシルベニアで増えた。

  統計の詳細は表をご覧ください。

原題:U.S. Jobless Claims Hit Highest Since August in Unexpected Jump(抜粋)

(統計の詳細を追加し、更新します)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE