コンテンツにスキップする

米製造業の勢い続く、NY連銀指数などで受注の好調さ浮き彫り

更新日時

ニューヨーク連銀とフィラデルフィア連銀が15日にそれぞれ発表した10月の製造業景況指数は、製造業の最近の勢いが10-12月(第4四半期)に入っても続いていることを示した。

キーポイント
  • フィラデルフィア連銀製造業景況指数は32.3に上昇
    • ブルームバーグがまとめたエコノミスト予想の全てを上回った
      • 予想中央値は14.8
    • 新規受注が1973年以来の高水準
  • ニューヨーク連銀製造業景況指数は10.5に低下
    • 予想中央値は14.0
    • 拡大は4カ月連続
    • 前月は17.0
      • 2018年以来の高水準だった7月に次ぐ高さだった
    • 10月は受注と出荷が3カ月ぶりの高水準
Regional Fed data show stronger demand, solid manufacturing in Northeast

  両指数はいずれもゼロが活動拡大と縮小の境目を示す。フィラデルフィア連銀の指数では新規受注が42.6と、前月の25.5から大幅に上昇。ニューヨーク連銀では新規受注が12.3に上昇した。前月は7.1だった。

  受注や販売が上向いていることを受け、人員や就業時間も増えている。ニューヨーク連銀の指数では週平均就業時間が16.1時間と、2011年5月以来の高水準。フィラデルフィア連銀の指数でも、同時間はこの2年余りで最高となった。

  • NY連銀製造業景況指数の表
  • フィラデルフィア連銀製造業景況指数の表

原題:Fed Factory Gauges Show Momentum Carrying Into Fourth Quarter(抜粋)、Growth in Orders, Shipments Picks Up at New York Manufacturers(抜粋)、U.S. Oct. Philadelphia Fed Index Rises to 32.3, Est. 14.8(抜粋)

(両指数の統計詳細を追加して更新します)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE