コンテンツにスキップする

ロシュの3Q売上高、予想下回る-コロナ検査が処方薬の減収補えず

スイスの製薬会社ロシュ・ホールディングの7-9月(第3四半期)売上高は、市場予想を下回った。新型コロナウイルス検査と新薬の押し上げがあったものの、古くなった処方薬の落ち込みを補うには至らなかった。

  7-9月売上高は1%増の147億スイス・フラン(約1兆6940億円)にとどまった。アナリスト8人の平均予想は154億フランだった。発表後、チューリヒ市場で同社株価は一時3.6%安となった。

  ロシュは他社との提携関係や診断部門を通じ、新型コロナの検査や治療の市場に参入しようとしている。米リジェネロン・ファーマシューティカルズと開発中の抗体カクテル療法は、リジェネロンが今月、米食品医薬品局(FDA)に緊急使用許可(EUA)を申請しており、近く市場への投入が開始される可能性がある。新型コロナに感染したトランプ米大統領は、同治験薬の投与を受けた。

ロシュのセベリン・シュバン最高経営責任者(CEO)は、リジェネロンと共同開発中の抗体カクテル療法について、「思慮深い」価格設定をすると発言

(出典:ブルームバーグ)

原題:
Roche Sales Disappoint as Drugs Decline Eclipses Covid Tests (2)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE