コンテンツにスキップする

ゴールドマンとJPモルガン、豪中銀の新QE予想-最大7.5兆円規模

  • 豪中銀は週平均で14億-20億豪ドルの債券購入も-JPモルガン
  • ロウ豪中銀総裁発言後に10年債など豪州債が大幅上昇

ゴールドマン・サックス・グループとJPモルガン・チェースによると、オーストラリア準備銀行(中央銀行)は新型コロナウイルス感染拡大で打撃を受けた同国経済の再生を図る新たな取り組みで最大1000億豪ドル(約7兆5000億円)の債券購入を行う可能性がある。

  JPモルガンによると、ロウ中銀総裁が15日に豪10年債利回りは「世界のほとんどどこ」よりも高いとの認識を示したことから、新たな「量的」緩和プログラムが導入される可能性は高いという。ゴールドマンは同中銀の11月3日の政策会合で緩和パッケージが決まる確率が80%あるとみている。

  JPモルガンのシニアエコノミスト、トーマス・ケネディ氏はリポートで「総裁のスピーチでは短期金利に重点を置かなかった。量的緩和(QE)と長めの債券利回りの低下が景気回復にどう影響するかに明らかに焦点を当てていた」と指摘した。

Aussie 10-year yield drops after Lowe keeps options open

  雇用促進のため豪中銀が債券購入を増やす必要性の有無をロウ総裁が問い掛けたのを受け、豪州債は10年債主導で全般に値上がりした。豪中銀は3月にイールドカーブ・コントロール(YCC)を導入したものの、3年債にターゲットを絞っていた。

  3年債利回りは0.25%の目標付近で推移していることから、豪中銀の債券購入が不要だった週もある。JPモルガンは豪中銀がソブリン債と州債を1年で750億-1000億豪ドル相当購入すると予想。週平均で14億-20億豪ドルの買い入れを見込む。

  豪10年債利回りは一時9ベーシスポイント(bp、1bp=0.01%)低下し0.74%と、4月以来の低水準を付けた。豪ドルは米ドルに対して0.5%下落した。

原題:
Goldman, JPMorgan Say RBA May Start New QE Worth A$100 Billion(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE