コンテンツにスキップする

ロンドンは新型コロナ対応の規制厳格化へ-英国内で対策に地域差

  • 別の世帯が屋内で会うことを禁止も-ロンドン市長室関係者
  • 北アイルランドは学校閉鎖へ、ウェールズは16日に新規制実施

新型コロナウイルス感染者数の増加が続く英国で各地域の対応がまとまりを欠く中、首都ロンドンは行動制限を近く強化する方向だ。

  ロンドン市長室の関係者によると、行動制限についての変更は早急に導入される公算が大きい。カーン市長と衛生当局幹部は14日に、制限厳格化で採用し得る措置を協議した。2つの別の世帯が屋内で会うことが禁止される見込みだと関係者は話した。ロンドンは人口10万人当たりの感染者数が近く平均100人に達する見通しだという。

Officer Shot Dead At Police Station In Croydon

カーン市長

写真家:ビクトリアジョーンズ/ WPAプール/ゲッティイメージズ

  ロンドンに先立ち、北アイルランドやウェールズが制限を厳格化していた。北アイルランドは19日から学校を閉鎖し、パブや飲食店に新たな規制を課す計画。ウェールズはイングランドで感染が急増している地域からの旅行を制限したい考えで、16日に新たな規制を実施する。

  ジョンソン英首相は「サーキットブレーカー」と呼ばれる全国的なロックダウン(都市封鎖)の導入を求める声に抵抗し、地域ごとのアプローチによる対応を続けている。経済活動をできるだけ継続させながら感染の抑制を目指しており、社会的距離を取る措置の実施をシンプルにすべく各地域の感染警戒レベルを3段階で示すシステムを今週打ち出した。

Liverpool Heads Into A Tier 3 Lockdown To Contain Second Virus Surge

英リバプールのマージー川沿いで夕日を眺める人々(10月14日)

写真家:Anthony Devlin / Bloomberg

原題:
London on Course for Clampdown as U.K. Virus Response Fragments(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE