コンテンツにスキップする

タイ中銀、資本流出規制を一段と緩和へ-バーツ高抑制で

  • 外貨預金の限度額引き上げや外貨預金間の振替認める可能性-副総裁
  • バーツは4月につけた17カ月ぶりの安値から6%余り上昇

タイ銀行(中央銀行)は、来年初めまでに対外投資に関する規制をさらに緩和する計画だ。バーツ高を抑制するため資本流出の増加を容認する構え。

  タイ中銀のマティー副総裁は14日、バンコクで記者団に対し、外貨預金の限度額引き上げのほか、個人や企業が保有する外貨預金間の振替を認める可能性があると説明。さらに、長期投資が認められている対外投資の種類に関する制限廃止を検討しており、投資額にのみ制限を設ける公算が大きいと述べた。

  バーツは4月につけた17カ月ぶりの安値から6%余り上昇。観光や貿易に大きく依存しているタイ経済は新型コロナウイルスのパンデミック(世界的大流行)による打撃を受けており、継続的なバーツ高は同国の輸出競争力を脅かす要因となる。

Central bank to ease capital outflows to rein in currency rally

  マティー副総裁は「われわれはタイの投資家による外国投資を容易にするエコシステムの構築を目指している」と説明。「これはバーツに対する圧力を軽減するだけでなく、リスク分散にも役立つ」と述べた。

関連記事
タイ中銀総裁、資本流出規制をさらに緩和へ-バーツ高抑制に向け

原題:Thailand Set to Ease Rules on Outflows to Temper Currency Gain(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE