コンテンツにスキップする

トランプ大統領が忠実な側近2人に圧力-バイデン氏に不利な情報求め

  • バー司法長官とポンペオ国務長官に調査を徹底するよう圧力加える
  • ロシア疑惑巡り司法省が出す証拠に「満足していない」と大統領

トランプ米大統領は最も忠実な閣僚2人に対し、大統領選挙戦で民主党候補のバイデン前副大統領に不利に働く情報を探し出すよう圧力を強めている。世論調査の支持率ではバイデン氏が依然リードしている。

  トランプ大統領は保守系メディアのニューズマックスとのインタビューで、ロシア疑惑を巡りバー司法長官率いる司法省が出す証拠に「満足していない」と述べ、再選された場合にバー長官を留任させるかどうか明言しなかった。

  ポンペオ国務長官は14日、これより先に、ヒラリー・クリントン氏の国務長官時代の電子メールを追加公表できるよう自分のチームは最善を尽くすと表明した。この電子メール公表については、トランプ大統領が先週、珍しくポンペオ長官を叱責(しっせき)して求めていた。

  バー、ポンペオ両長官ともトランプ大統領に最も忠実な側近とみられているが、大統領は側近が自分の命令に従わなかったり、命令を実行できないと態度を一変させることから、両氏には圧力がかかっている。

  バー長官はロシアの駐米大使との接触を巡る偽証で起訴されたマイケル・フリン元大統領補佐官(国家安全保障担当)やロシア疑惑を巡る議会への偽証罪などで実刑判決を受けたロジャー・ストーン元大統領顧問などの刑事事件でトランプ大統領の期待に応えてきた。しかし、この2件に関する調査では大統領が求めているバイデン氏に打撃となる情報はまだ得られていない。

原題:
Trump Presses Loyal Pompeo, Barr for Dirt to Use Against Biden(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE