コンテンツにスキップする

米フォートレス、鉄道事業巡る地方債の価格決定延期-投資家二の足か

  • カリフォルニア州南部とラスベガスを結ぶ旅客鉄道の建設事業
  • 新たな起債予定日は設定されていない-関係者

米投資会社フォートレス・インベストメント・グループはカリフォルニア州南部とネバダ州ラスベガスを結ぶ旅客鉄道の建設の資金調達で発行する地方債32億ドル(約3400億円)相当の価格決定を延期した。景気の不確実性が深まる中で、投資家がこうした投機をはらむプロジェクトへの資金提供に二の足を踏んでいる可能性がある。

  14日に公表された最新の文書によれば、フォートレスは株式による資金調達を5億ドル増やす。

  ブルームバーグが確認した価格情報によると、引き受けを主導するモルガン・スタンレーは14日に価格を決める計画だった。起債は延期され、新たな予定日は設定されていない。事情に詳しい関係者が非公開情報だとして匿名を条件に述べた。

  モルガン・スタンレーの広報担当者サマンサ・クレロフ氏とフォートレス傘下ブライトライン・ホールディングスの広報担当ベン・ポリット氏はコメントを控えた。

  ブライトラインはカリフォルニア州当局から税金が免除される地方債の発行を認められているが、12月1日までに起債する必要がある。

原題:Fortress Delays Pricing of $3.2 Billion Vegas Train Deal (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE