コンテンツにスキップする

ユナイテッド、7ー9月は予想より大幅な赤字-流動資産は194億ドル

  • 7-9月調整後1株損益は8.16ドルの赤字-予想は7.47ドルの赤字
  • 「力強い回復に向け準備を整えることに集中している」とCEO

米航空会社ユナイテッド・エアラインズ・ホールディングスは、前例のない業界の不振を乗り越え、旅行回復の機会を捉える用意ができていると表明した。ただ、業界の不振は7-9月(第3四半期)の業績に予想よりも大きな打撃を与えていることが示された。

  7-9月の調整後1株損益は8.16ドルの赤字と、アナリストの予想平均(7.47ドルの赤字)よりも大幅な赤字となった。ただ、14日の発表によると、7ー9月の1日当たりの現金流出額は2500万ドル(約26億円)と、前四半期の4000万ドルから減少した。9月末の流動資産は194億ドルだった。

  スコット・カービー最高経営責任者(CEO)は発表資料で「初動の危機戦略を首尾よく実施できたため、次の段階に移る用意がある」とし、「新型コロナウイルスの悪影響は短期的には続くものの、今は力強い回復に向け準備を整えることに集中している」と表明した。

The shares have dropped the most among big U.S. airlines this year

原題:United Counts on $19 Billion Cushion as New Loss Disappoints (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE