コンテンツにスキップする

ウェルズ・ファーゴが100人超解雇、コロナ救済金不正取得で-関係者

米銀ウェルズ・ファーゴは、新型コロナウイルス感染拡大で打撃を受けた米企業向けの救済基金から資金を不正取得しようとしていたとして、行員100人余りを解雇した。事情を知る関係者が明らかにした。

  ブルームバーグが内容を確認した社内文書によると、新型コロナ救済基金を受給するため虚偽の申告を行って中小企業局(SBA)を欺いたと疑われる行為が見つかった。この不正は「経済的損害災害融資」(EIDL)に関連しており、問題となった行員らの責任範囲外だったという。

  同行人事部門の責任者デービッド・ガロリース氏はこの文書で、「これら行員を解雇した。当行は法執行当局に全面的に協力していく」 と述べた。先月にはJPモルガン・チェースが、EIDLプログラムに行員500人余りが不適切に申請し、その一部が受給した事例を発見している。

JPモルガンの一部行員、新型コロナ救済資金を不正取得-関係者 (2)

原題:Wells Fargo Fires More Than 100 Workers Over Relief Fund Abuse(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE