コンテンツにスキップする

パリなどフランス都市に夜間外出禁止令、コロナ感染抑制で大統領発表

The former headquarters of BNP Paribas SA stand at the end of street in the Grands Boulevards district of Paris, France.

The former headquarters of BNP Paribas SA stand at the end of street in the Grands Boulevards district of Paris, France.

Photographer: Bloomberg/Bloomberg
The former headquarters of BNP Paribas SA stand at the end of street in the Grands Boulevards district of Paris, France.
Photographer: Bloomberg/Bloomberg

フランスのマクロン大統領は新型コロナウイルスの感染拡大に歯止めをかけるため、主要都市で夜間外出禁止令を出した。感染者数の増加で、医療機関では病床が埋まり始めている。

  大統領は14日のテレビインタビューで、「このウイルスは誰にとっても危険かつ深刻な問題だ」とし、「対応が必要な段階になった」と言明した。

  外出禁止はパリやグルノーブル、リール、リヨン、トゥールーズ、モンペリエなど既に警戒レベルが最も高い都市を対象に、午後9時から翌朝6時まで。17日から4週間継続する。 

原題:Macron to Impose Curfew in Major French Cities to Stem Covid (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE