コンテンツにスキップする

【欧州市況】ドイツ債中心に欧州債上昇、株ほぼ変わらず

14日の欧州株はほぼ変わらず。新型コロナウイルスが企業業績に及ぼす長期的な影響や米国の追加景気対策を巡る協議の行き詰まりが意識された。欧州では決算発表シーズンがまだ本格化していない。

  ストックス欧州600指数は0.1%未満の下げ。公益やエネルギー株が買われた一方、ヘルスケアが下落した。イタリアの運輸インフラ持ち株会社アトランティアが急騰。保有する有料道路運営会社アウトストラーデ・イタリアの株式について、同国国営銀行からの買い取り提案を議論する用意があると明らかにしたことが好感された。

  英FTSE100指数はポンド高が重しとなり、0.6%安となった。

European stocks are losing momentum this week after earlier gains

  欧州債はドイツ債が上昇、10年債利回りは5月以来の低水準となった。新型コロナウイルスの新規感染者数が増加する中で、安全な中核国債に資金が向かった。

  ドイツ債の利回り曲線はブルフラット化。10年債利回りの低下は5営業日連続で、8月以来最長。

  イタリア10年債利回りは過去最低の0.631%を付けた後、前日比変わらずに戻した。ドイツ債とのスプレッドは2ベーシスポイント(bp、1bp=0.01%)拡大して123bp。

  ドイツ10年債利回りは2ベーシスポイント(bp、1bp=0.01%)下げてマイナス0.58%、フランス10年債利回りは1bp低下してマイナス0.31%、イタリア10年債利回りは変わらずの0.66%。 

原題:German Bonds Lead Euro-Area Advance: End-of-Day Curves, Spreads、Europe Stocks Steady as Traders Weigh Virus Impact, Aid Deadlock(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE