コンテンツにスキップする

G20、途上国の債務返済猶予を21年半ばまで延長へ-マルパス世銀総裁

20カ国・地域(G20)の財務相・中央銀行総裁は、途上国の債務返済猶予を少なくとも2021年半ばまで延長することで合意した。世界銀行のマルパス総裁が14日、オンラインの記者会見で明らかにした。同総裁は新型コロナウイルスのパンデミック(世界的大流行)が貧困を悪化させているとして、1年間の延長を呼び掛けていた。

  G20はこのほか、それら債務に関する条件の延長でも合意したという。マルパス総裁は「意味のある債務削減」に向けてG20は「一段の措置」を講じる必要があると指摘した。

  共同通信によると、麻生太郎財務相は会議の途中で記者団の取材に応じ、途上国債務への支援で「透明性がはっきりしていないとできない」と述べ、自国の債権に関する情報を開示しない中国を批判した。

原題:G-20 Extends Debt Relief Program Amid Warnings It’s Not Enough(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE