コンテンツにスキップする

ゴールドマン、NYオフィスの約3割がローテーション勤務-CEO

ゴールドマン・サックス・グループでは、ニューヨークのオフィスで現在約2000人が働き、従業員の約30%が1週間交代でオフィスに出社するローテーション勤務をしている。デービッド・ソロモン最高経営責任者(CEO)が14日、明らかにした。

  香港のオフィスには従業員の約60%が復帰。欧州の大半では50%だが英国は30%程度だという。

  ソロモンCEOは7-9月(第3四半期)決算発表後のアナリスト向け電話会議で、「時間がたてば従業員全員がより正常な環境に戻れると完全に確信している」と述べ、「オフィスで共に働くことで、より良い協力が可能になる」と続けた。

  ただ、ゴールドマンは機動的に決定を行えるとし、新型コロナウイルスの感染状況が悪化した場合には方針を転換する用意があると語った。

原題:
Goldman Says 30% of Staff Rotating Through New York Offices(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE