コンテンツにスキップする

OPECプラス、コロナ感染再拡大でも減産縮小計画を維持へ-ロシア

石油輸出国機構(OPEC)と非加盟の主要産油国で構成する「OPECプラス」は、新型コロナウイルスの感染が再拡大する中でも原油価格の回復を楽観視しており、段階的な減産縮小を維持する計画だ。ロシアのノバク・エネルギー相が明らかにした。

  ノバク氏は、今のところ「合意条件に沿って、相場に打撃を及ぼすことなく徐々に原油生産を引き上げていくことができると予測している」と専門誌に寄稿。今年4月の減産合意は新型コロナのパンデミック(世界的大流行)で大打撃を受けた世界の石油産業の支援に寄与したとの見方を示した。

  世界的な新型コロナ感染再拡大に伴い、OPECプラスが予定している来年1月からの減産規模縮小計画を変更するべきかどうかについて、エネルギー業界では疑問の声が高まっている。国際エネルギー機関(IEA)は14日のリポートで、原油市場は余分な生産を吸収するのは困難だとの見解を示した。

原題:OPEC+ Aims to Stick to Output Deal Amid Virus Surge, Russia Says(抜粋)

  

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE