コンテンツにスキップする

中国、日本国債を6-8月に記録的大量購入-外貨準備多様化か

中国は夏の間に、記録的な日本国債購入を続けた。外貨準備を多様化させているという観測を誘った。

  日本の財務省による2005年以降のデータによれば、6-8月に日本発行の債券を2兆2000億円相当を購入した。これは3カ月として過去最高。データは購入内容を明らかにしていないが、日本国債が大半を占めるとみられる。中国は16年にも同様に購入を急増させたことがある。

  JPモルガン・チェースのストラテジストらによると、これには幾つかの要因が考えられる。世界的な債券利回り低下の中で、日本国債は実質利回りベースで魅力が高まったと見なされている可能性がある。同時に、地政学的な理由もあるかもしれない。 

  JPモルガン・チェース銀行の佐々木融市場調査本部長らはリポートで、現在の地政学的情勢を考えれば、中国による日本国債購入の一部が米国債からの外貨準備多様化であることは想像に難くないと指摘した。

China steps up purchases of Japanese bonds

原題:
China Is Buying Up Record Chunks of Japan’s Debt Mountain(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE