コンテンツにスキップする

蘭ASML、来年は2桁台前半の成長見込む-自社株買い再開へ

オランダの半導体製造装置メーカー、ASMLホールディングは、今週から自社株買いの実施を再開する。また、2021年には2桁台前半の成長を予想している。同社は韓国サムスン電子や台湾積体電路製造(TSMC)への重要なサプライヤー。

  14日の発表によると、10-12月(第4四半期)の売上高は36億-38億ユーロ(約4400億-4700億円)、粗利益率は約50%を見込む。アナリスト予想は売上高が37億2000万ユーロ、粗利益率が49.3%だった。

  ピーター・ウェニンク最高経営責任者(CEO)は「前四半期中に新型コロナウイルスによる大きな混乱は見られなかった」と指摘し、既存の20年成長見通しを確認した。ASMLは7-9月(第3四半期)に最新EUV(極端紫外線)露光装置を10台出荷した。

原題:ASML Expects Low Double-Digit Growth Next Year, Resumes Buybacks(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE