コンテンツにスキップする

中国は改革開放を止めず-習主席が深圳で演説

  • 供給サイドの構造改革を堅持-国内市場を一段と重視
  • 深圳は現代の社会主義国家にとってモデル都市となるべきだ

中国の習近平国家主席は14日、経済特区成立40年を迎えた深圳で演説し、中国が改革と全面的な開放を止めることはないと述べた。

  習主席は供給サイドの構造改革を堅持し、国内市場を一段と重視していくと表明。中国は科学・産業改革でリードし、経済特区の発展をより高い水準に押し上げるべきだと語った。

  また中国本土と香港、マカオの一体的な開発を推し進めるとし、深圳は現代の社会主義国家にとってのモデル都市となるべきだと指摘。中国南部の「大湾区(グレーターベイエリア)」建設を後押ししていくと話した。

  習主席は、保護主義と一国主義が台頭している世界が激動の転換期に入っているとの認識も示した。

原題:China to Stick to Opening Up, Rely More on Domestic Market: Xi(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE