コンテンツにスキップする

世界最大の映画館チェーンAMC、債務削減で破産申請も視野-関係者

  • 取引のある金融機関、破産申請巡り予備的話し合い
  • 手元資金尽きる可能性とAMC-客足戻らない場合

世界最大の映画館チェーン、米AMCエンターテインメント・ホールディングスは債務負担を減らすため、破産申請の可能性を含めたさまざまな選択肢を検討している。新型コロナウイルスの感染拡大で客足が伸びず、映画会社による新作の公開延期も相次いでいる。

  事情を知る複数の関係者によれば、AMCと取引のある金融機関は同社が連邦破産法11条に基づく会社更生手続きの適用を申請した場合の資金提供について予備的な話し合いをしている。AMCは新規資金を確保できれば、再建計画を練る間、事業継続が可能となる。

  AMCに対する正式な提案はまだなされていないと、関係者は非公開情報だとして匿名を条件に語った。カンザス州リーウッドに本社を置くAMCはコメントを控えた。

観客はいつ戻る、米国の中小映画館の7割がコロナ禍で破綻の危機

  同社は13日の届け出で、映画館の観客が増えなければ年内もしくは来年早々に手元資金が尽きる可能性があり、資産売却などの流動性を強化する措置を探っていることを明らかにした。

原題:AMC Theaters Said to Mull Bankruptcy After Moviegoers Stay Home

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE