コンテンツにスキップする

中国恒大集団、新株発行で43億香港ドル調達-当初の計画から規模縮小

  • 発行株数は2億6070万株、当初は4億9000万株を計画
  • 発行価格16.50香港ドル、直近の株価を14.7%下回る-仮条件下限

中国の不動産開発会社、中国恒大集団の新株発行による資金調達は当初計画を下回る43億香港ドル(約585億円)規模となったことがブルームバーグ・ニュースが確認した資料で明らかになった。重債務を抱えた同社が流動性危機に陥るとの懸念が先月、投資家や中国当局の間に広がっていた。

  中国恒大は2億6070万株を1株当たり16.50香港ドルで発行。これは香港市場における直近の株価終値を14.7%下回る。ブルームバーグが入手した詳細条件によれば、仮条件は16.50-17.20香港ドル。当初は4億9000万株を発行する予定だった。

  12日の株価終値は19.34香港ドルと、7月上旬に付けた1年3カ月ぶり高値を31%下回る水準。13日の香港市場の取引は台風のため終日中止となった。

  中国恒大を巡っては、同社がデフォルト(債務不履行)の可能性を中国当局に警告したとの先月の報道を受け、流動性懸念が浮上。同社は広東省政府への書簡で、深圳証券取引所に上場する認可を来年1月末までに得られなければ投資家への資金返還義務が生じると指摘し、そうなれば資金不足に陥り、より広範な金融セクターで「クロスデフォルト」を招きかねないと警告していた。

中国恒大、デフォルトの可能性を当局に警告-金融システム脅かす恐れ

原題:Evergrande Raises $555 Million in Reduced Placement to Pay Debt(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE