コンテンツにスキップする

ウォール街が注目、LIBOR連動債をSOFR債に交換-不安解消策

米国の連邦農業信用銀行(FCB)に資金を提供する連邦農業信用銀行ファンディングは、ロンドン銀行間取引金利(LIBOR)に連動した変動金利の債券19億ドル(約2000億円)相当を、新たな指標金利である担保付翌日物調達金利(SOFR)連動の債券に交換する。LIBOR廃止による混乱を回避するためのモデルケースになるかもしれない。

  2022-23年に満期となるこれらの債券にはLIBOR後についての取り決めがないが、LIBORは21年末で公表が停止されることになっている。取り決めがなければ変動利付債がその時点でのLIBORでの固定利付債に事実上転換されてしまい、大混乱を招きかねない。

  こうした債券の指標金利をLIBORからSOFRに変更するのを可能にする法整備はニューヨーク州議会でほとんど進んでおらず、ウォール街の不安を招いている。21年末より後に満期となる移行取り決めのないドル建て変動金利LIBOR連動債の残高は少なくとも3450億ドルに上るとTDセキュリティーズ(USA)は見積もっている。

  指標金利のスムーズな移行のために米連邦準備制度理事会(FRB)が設置した代替参照金利委員会(ARRC)の支援・コミュニケーショングループ共同責任者のアンドルー・グレー氏は、交換は「移行にとって非常に意味のある瞬間になり得る」とし、「他の発行体にもドミノ現象を引き起こすかもしれない」と話した。

原題:Wall Street Eyes Fix for $345 Billion Libor Dilemma in Debt Swap(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE