コンテンツにスキップする

中国船が尖閣領海外に、過去最長57時間超とどまる-報道

沖縄県・尖閣諸島周辺の領海に11日午前からとどまっていた中国海警局の船2隻が、13日午後8時19分から相次いで領海を退去し、接続水域に出た。第11管区海上保安本部(那覇)の発表を基に共同通信が伝えた。

  侵入時間は57時間39分と、7月に記録した39時間23分を超え、2012年9月の尖閣国有化以降で最長だったとしている。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE