コンテンツにスキップする

麻生財務相、中銀デジタル通貨に透明性と法の支配必要-中国念頭

麻生太郎財務相は13日夜、透明性・法の支配・健全な経済ガバナンスの3条件を満たさない中銀デジタル通貨(CBDC)に対し、注意喚起を行っていく必要があるとの考えを示した。

  デジタル人民元の発行を目指す中国などを念頭に置いた発言。主要7カ国(G7)財務相・中央銀行総裁によるビデオ会議後の会見で語った。

  日本銀行の黒田東彦総裁も3条件を備えた形で発行しないと「世界の国際金融システムに影響が出かねず問題が生じる」という点をG7の声明は注意喚起していると話した。

  会議ではデジタル決済について、金融の安定性確保のため「適切に監督・規制されるべきである」と位置づけた。また、米フェイスブックが発行を計画しているリブラなどのグローバル・ステーブルコインについて、法律や規制・監督上の要件に十分に対応するまでは、「サービスを開始すべきではない」との立場を改めて表明した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE